日本とアメリカのサプリメントを購入する時

日本とアメリカのサプリメントを購入する時

店舗が扱っているサプリメントには、日本で製造されたものだけでなく、アメリカなど海外の商品も流通しています。サプリメントの製造元が日本であるか、アメリカであるかは何が違うでしょう。

サプリメントを購入するには?

日本国内では、ドラッグストア、コンビニ、通販など、様々な店舗でサプリメントを購入することができます。サプリメント市場はアメリカのほうが歴史があり、規模も大きく、たくさん出回っています。最近は並行輸入のサプリメント商品も多く、アメリカのサプリメントを買うにしても、日本語で購入する事ができるようになっている場合も増えてきています。

店頭にアメリカのサプリメントが並ぶこともあって、かつてと比較すると身近な存在になってきているようです。あくまで食品としてサプリメントを販売する以上、日本では特定の効能があるような表示をすると法律違反になります。日本で販売するために製造されたサプリメントの場合、パッケージを確認しても含有成分が全部書いてあるという保証はありません。

アメリカ製造と比較すると...

日本のサプリメントは、アメリカで製造されているサプリメントと比較すると含有成分か少なく、サプリメントで摂取したい成分量が足りないと感じる人も大勢いると言われています。どんな材料が使われており、どんな成分がどのくらい含まれているかについては、日本のサプリメントは食品としての決まり事をまもれば売りだせます。

商品価格から調整されている?

日本のサプリメントは商品価格があまり高くならないように、栄養成分の含有量が少なく抑えられている場合があります。国産のサプリメントをしばらく使い続けているけれど期待した効果がなかったという人は、サプリメントの販売店に輸入について聞いてみましょう。